全米プロゴルフ選手権2016年の日程や優勝賞金は?バルタスロールの死闘は再び起きるのか!?

Pocket

ゴルフの四大メジャーの一つ、全米プロゴルフ選手権は毎年8月に行われます。しかし、2016年はリオオリンピックでゴルフが行われる関係から7月末の開催となります。

開催日の前倒しが、どのような影響を与えるのか注目です。


2016年の日程や賞金はこうなっています。

大会名U.S. PGA Championship(全米プロゴルフ選手権)
開催数98回
開催日7月28日~31日
開催地アメリカ ニュージャージー州
コースバルタスロール・ゴルフクラブ Lower Course
賞金総額1000万ドル
優勝賞金180万ドル
放送局(地上波)TBS(昨年実績)
放送局(CS)ゴルフネットワーク(昨年実績)
但し、優勝賞金は未発表のため、総額の18%の金額を表示。

では、詳細をいっしょに見て行きましょう(^^)
スポンサーリンク

2016年の全米プロゴルフ選手権

日程

開催日7月28日~31日
本来なら、毎年8月の中旬に開催されていました。

しかし、2016年はリオオリンピックでゴルフを行います。そのため、7月に前倒しと成ったわけです。

全英オープンが2016年7月14日~17日の開催となるため、メジャーが7月に2大会開催されることとなります。


さらに8月11日~14日にリオオリンピックが開催される日程です。

中1週でイギリス~アメリカ~ブラジルという移動を考えると、オリンピック出場辞退する選手が出てくるのも理解できます。

コース

開催地アメリカ ニュージャージー州
コースバルタスロール・ゴルフクラブ Lower Course
主な大会の開催実績(全てのコース含む)
大会名回数開催年
全米プロゴルフ選手権2回2016/2005
全米オープン7回1993/1980/1967/1954/1936/1915/1903
全米女子オープン2回1985/1961
全米アマチュア4回2000/1946/1926/1904
全米女子アマチュア2回1911/1901
「バルタスロール」というゴルフコースを聞いて、ピンと来たあなたはかなりのゴルフ通です。


1980年全米オープンが開催されていますが、その時に青木功氏が2位となりました。

最終日最終組スタート、首位タイで帝王ニクラウスと回りました。結果的には最後17番、18番と連続バーディのニクラウスに2打届かず2位に終わりました。

後に「バルタスロールの死闘」と呼ばれる、日本人にとって最も熱い戦いが行われたゴルフコースです。


松山選手には「バルタスロールの歓喜」とか言われる活躍、つまり優勝をしてもらいたいですね(^^)

テレビ放送予定

詳細はまだ発表されていません。

2015年の実績で言えば、TBSが地上波放送をしてくれると考えられます。

優勝賞金

開催年全米プロ優勝賞金
2011年144万5千ドル
2012年144万5千ドル
2013年144万5千ドル
2014年180万ドル
2015年180万ドル
2016年180万ドル
2016年は賞金総額の18%を表示
大会2016年優勝賞金円換算
マスターズ180万ドル1億9800万円
全米オープン180万ドル1億9800万円
全英オープン180万ドル1億9800万円
全米プロ180万ドル1億9800万円
全米プロは賞金総額の18%の金額を表示
全英オープンはPGA発表のドル建て表示
1ドル=110円で計算
約2億円高額。これ以外特に言うことはないですね(^^;)

2015年の全米プロゴルフ選手権

2015年の全米プロゴルフ選手権の概要
大会名U.S. PGA Championship(全米プロゴルフ選手権)
開催数97回
開催日8月13日~16日
開催地アメリカ ウィスコンシン州
コースウィスリング・ストレイツ Straits Course
賞金総額1000万ドル
優勝賞金180万ドル
放送局(地上波)TBS
放送局(CS)ゴルフネットワーク
順位通算選手名
1-20ジェイソン・デイ
2-17ジョーダン・スピース
3-15ブランデン・グレース
4-14ジャスティン・ローズ
5-13アニルバン・ラヒリ
5-13ブルックス・ケプカ
7-12ダスティン・ジョンソン
7-12マット・クーチャー
7-12ジョージ・クッツェー
10-11トニー・フィナウ
10-11ロバート・ストレブ

優勝者

2015年の全米プロゴルフ選手権は、ジェイソン・デイメジャー初制覇を成し遂げました。

2015年の全英オープンでは1打差の4位タイに終わり、プレーオフに残ることが出来ませんでした。

それまでにも、メジャーを2位で終わることが何度もありました。メジャー制覇をあと一歩で逃す事が多く、悲願の初制覇となったのです。

この大会でメジャー初制覇を成し遂げたあとは、全米プロ含めてPGAで6勝(通算10勝)あげています。いまや、ジョーダン・スピースやローリー・マキロイを抑えて、世界ゴルフランキング1位となっています。(2016年5月現在)

日本人選手

選手名順位スコア
岩田寛21位タイ-7
松山英樹37位タイ-3
小田孔明72位タイ+6
2015年の全米プロゴルフ選手権で参加した日本人は3名でした。

3名とも予選通過はしたものの、最高位は岩田選手の21位タイとなりました。

松山英樹

大会201120122013201420152016
マスターズT27LAT54DNPCUT57
全米オープンDNPDNPT10T35T18
全英オープンDNPDNPT6T39T18
全米プロDNPDNPT19T35T37
LA ローアマチュア
DNP 不参加(Did not play)
CUT 予選落ち

過去3年はしっかりと予選通過しています。

しかし、松山選手クラスになってくると予選通過だけではファンは満足してくれません。

上位進出はもちろん、優勝争いに加わって欲しいですね。

バルタスロールの歓喜」を期待しています(^^)
スポンサーリンク

おわりに

2016年はリオオリンピックの影響で、日程がかなり詰まっています。

見ているファンには嬉しいものですが、プレイしている選手は苦労すると思います。

選手の皆さんには、体調を崩さないように頑張ってもらいたいですね。

松山選手、「バルタスロールの歓喜」待ってます(^^)(←3回目)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする